新着ブログ

新しい情報はこちら!

2018年10月28日更新!

楽に学ぼう! 子どももおとなも!

http://blog.canpan.info/kikurinferin/

「教室の風景」は、

こちらから!

「8と6、分け分けしたら、7と7」〓〜「分け分け」できないものは?〜 (土, 14 7月 2018)
7/8の投稿に続き、ある日の「スペースわん」の出来事。小2の生徒さんが、学校の宿題をやっていました。計算ドリルです。「547ー29=518」と「542ー26=516」を筆算で計算をした後、「答えが2ちがう」と、「518ー516」をパッと計算して言いました。そして、さらに答えの一の位の「8」と「6」に着目し、「分け分けしたら、7と7や」と言うのです!さらにさらに、「15は分け分けでけへん」「14は分け分けできる」と言うので、割り算はまだ習ってないけど、「÷2」や偶数奇数につなが..
>> 続きを読む

スペースわん通信

生徒さんたちの成長の様子や、

日常生活での私の学びや気づきなどを書いています。


まずはお問い合わせ下さい

TEL&FAX 0721-54-3301

 

学習についてのご相談や、

子育てに関する悩みや不安など、

お気軽にお電話下さい。

 

無料体験いつでもOK!

事前にお電話下さい。 

プロフィール

指導者/永田仁美(ながたひとみ)

 

大阪市立大学文学部卒業。

大阪府立高校で13年間教壇に立って国語を教えたのち、

1995年に退職して、「らくだメソッド」で学ぶ塾「スペースわん」を始めました。

 

「小学校低学年の時点でのつまずきをどうすることもできず、

基礎学力が身につかないまま、高学年、中学、高校へと進んでしまい、

非常に苦労している子をどうしたらいい?」

「学校に行かなくなった子が『でもやっぱり勉強したい・勉強し直したい』と思った時、

どうしたらいいの?」

「高校での勉強や受験、さらに大学や専門学校で学んだり就職したりするには、

自分で学ぶ力を身につけていないとしんどいのでは?」

という疑問や思いが原点です。

 

そこで出会ったのが、

「らくだメソッド」(当時「セルフラーニング研究所)の平井雷太氏の

「セルフラーニング どの子にも学力がつく」や「らくだ学習法」をはじめとする著書です。

私の疑問や悩みに対する一つの答えがこの学習法にあると直感し、開塾を決意しました。

 

週3回教室で生徒対応する他、

子育て・介護について語り合う場を継続的に開いてきました。

また、親と子のコミュニケーションを振り返る講座の講師やスタッフもさせていただきました。

 

1995年から「スペースわん通信」を120号発行した後、新通信準備号を経て、

「新・スペースわん通信」を発行。

その一部はこのホームページでもご覧になれます。

 

今は、Facebookやブログでも、

子育て・教育や介護についての安心情報を伝えたいと考えています。

 

好きな言葉は、「禍いを転じて福と為す」「継続は力なり」。

 

ちなみに、大のわんこ好き。

「スペースわん」の「わん」は、

「一人ひとり」「一歩一歩」の「1」と、「わんこ」の「わん」をかけています。

写真のわんこたちは、庭から生徒さんの勉強する様子を見守ってくれたわんこと、

子犬の時お預かりして、お留守番ができるようになってから飼い主さんにお返ししたわんこ。

今はみんな、天国から見守ってくれています。

 

「らくだメソッド」についてはこちらをご覧下さい。

「スペースわん通信」のバックナンバーはこちら